ページの先頭です

トップページ > 大井苑のご紹介 > 施設長のご挨拶

ここから本文です

大井苑のご紹介

施設長のご挨拶

医療と介護を融合させた「住まい」。住み慣れたわが家の延長でありたい

大井苑指針

【大井苑は「されたい介護」のグループ理念の下、ご利用者の『ついの住処』として、日々の生活を楽しんで頂けるよう、笑顔を大切に、個々の思いに寄り添ったケアを目指します。】
私たちが大切にしている「ナラティブ」。ナラティブとは英語で「物語」という意味です。
ご利用者お一人おひとりに、今まで生きてきたその方だけの物語があります。ご利用者お一人おひとりが持つ、かけがえのない物語を大切にしようという想いから、今までの人生とこれからの人生の一部をご利用者とご家族と職員が共につむいでいく事が出来る、そんな温かい施設作りを目指しています。

また、大井苑は全国でも数少ない、透析対応型の特別養護老人ホームです。
協力医療機関の富家病院が、透析の方の暮らしを全面的にバックアップ。
透析クリニックは洗練された和のしつらえで、透析中のひと時も快適にお過ごしいただけます。 透析日には、スタッフが送り迎えをサポートしますので、ご安心下さい。
病院へは車で5分、クリニックへは車で3分の距離ですので、車椅子の方にもご負担がかかりません。

「気配り・目配り・心配り」をケアのモットーにし、大井苑に関わる全ての方の生活に理念を反映させ、ご利用者・ご家族・地域・社会と共に作り上げ、それぞれの方々から必要とされる施設になっていきたいと思っています。

大井苑 岩渕 施設長
men

ご本人はもちろんご家族にも安心していただくことが私達の使命です。

運営施設ご案内

大井苑

メールでのお問い合わせ

四街道苑

メールでのお問い合わせ
情報公開

このページの先頭へ